【dchema.org】

保険適応わきが治療の傷跡・術後で心配されている方へ

保険適応となるわきが治療(反転剪除法/はんてんせんじょほう)はワキを切開し、医師が直接目視しながら手作業で汗腺を除去する方法のため、どこの病院・クリニックで受けられても傷跡は残ってしまいます(医師の技術によっては目立たなくすることは可能です)。それを嫌って、多くの人が美容外科の「お手軽」「傷が残らない」というわきが手術を受けるわけです。
しかし、これらの治療法の中には、肝心の治療効果がイマイチな術式が多数存在します。今のところ、医師が目で見ながら手作業で除去するのと同等に、安全・確実に汗腺を破壊できる超音波やレーザーは存在しません。

【再発】治療効果が低い機械を用いた治療(ダウンタイムが短い・傷跡が残らない・医師の技術力を問わない)←→【完治】治療効果が高い反転せんじょ法(ダウンタイムが長く入院が必要・傷跡が残る・医師の技術力が必要)

【ISEA式根治術】入院せずに日帰りが可能/イセアのドクターは形成外科専門医を取得しており、傷跡が目立ちにくく綺麗な仕上がり/技量を問われる反転せんじょ法も確実に目視で再発しません 私たちは、効果が不確かな新しい機器・器具を用いるよりも、効果の確実な従来の術式でいかに患者様の負担を小さくできるか、ということを第一に考えます。道具に頼るのではなく、技術を高めることで、困難な術式を可能にする。それがイセアの答えです。一般的な反転剪除法を大学病院などで受けた場合、術後の入院を勧められることがほとんどですが、当院では患者様の負担を極限まで下げることで、日帰り可能としています。
直接見ながらもっとも確実に汗腺を除去できる(=治療効果の高い)術式を、最小限の傷で行うのが「イセア式根治術」です。

「なんだ、それだけのことか」と思う方もいらっしゃるでしょうが、小さな傷から汗腺範囲全体の皮膚を反転させ、目視で確認しながら残さず汗腺を除去する作業には大変高度な技術と丁寧さが求められるため、他院では行われていません。